個人タクシーの事業者になるために必要な条件とは?

男女

法人・個人タクシーの違いとは?

タクシードライバーには、タクシー会社に就職して働く法人タクシーと、個人で営業していく個人タクシーがあります。法人タクシーのドライバーは、二種免許を取得していれば誰でも仕事に就くことができます。しかし、個人タクシーの場合は、法人タクシーのドライバーとして10年以上の実務経験が必須となります。個人タクシーのドライバーは事業主となりますので、法人タクシーに比べると、時間的にも自分のペースで仕事を進めていくことが可能です。

Find Job

タクシードライバーの収入について

タクシードライバーの収入ですが、地方によっても差があります。東京・大阪・愛知を比較すると、東京の年収がトップで約470万円となっています。利用客も多いのが都市部の特徴なので、ドライバー次第で年収をあげることも可能になります。転職で求人を探すなら、平均年収の違いを確認しておくこともポイントとなります。

職業

高収入が期待できる職業

高収入や、時間に融通の利く仕事を希望するなら、タクシー運転手以外にコールセンターで働くこともおすすめです。センターによっては24時間電話対応を行っているので、自分の働きたい時間帯や勤務時間を選ぶことができます。コールセンターの仕事の種類は豊富にあるので、自分の興味のある仕事を吟味することができ、一般的にしっかりとした研修を設けているのが特徴です。

求人をチェックするときのポイントを紹介

履歴書

雇用形態や待遇

求人広告でまず確認したいのが、雇用形態や待遇面です。正社員か契約社員かでも待遇や条件が異なりますし、派遣や非常勤の場合は、どのくらいの期間働くのかをしっかり確認しておくことが大切です。また、希望する職種がアルバイトや契約社員での求人の場合、正社員登用制度があるのかもチェックしておきましょう。

勤務地・勤務時間

勤務地が通勤するのに現実的か、通勤時間にかかる時間などは働き続ける上で重要になってきます。また、勤務時間は月の残業時間などを考慮しておくことで、自宅から無理なく通勤することができます。勤務形態がシフト制の場合は、休日についても確認をしておきましょう。

企業情報

好条件の求人を見つけたら、会社の公式サイトを確認して、どのような会社なのか把握しておきましょう。事業内容の詳細やその規模、働いている従業員や代表者を見ることで、仕事をより具体的にイメージしやすくなります。可能であるなら、その会社に関連する口コミなどもチェックしてみましょう。