ロゴ

就労継続支援B型の特徴〜A型との違いやメリットについて〜

>注目記事>障がい者を対象とした就労継続支援B型について知ろう

障がい者を対象とした就労継続支援B型について知ろう

男性

就労継続支援・B型とA型の違いは?

就労継続支援B型とは、障害があるために就職が難しい人が就労の機会を得たり、技術や知識の向上を目的として行われている、障がい者福祉サービスのひとつです。事業所と利用者の間に契約を結ばないので、非雇用型と呼ばれています。労働時間に融通が利くので、負担なく働くことができ、報酬は工賃とよばれ、課税の対象外となります。それに対してA型の事業所は、雇用型と呼ばれ、事業者と利用者の間に雇用契約が結ばれます。そのため、社会保険の加入や、報酬として給料が発生し、最低賃金などの保証があります。

職業

就労継続支援B型を利用するメリット

就労継続支援B型を利用することによって、無理なく仕事の技能やスキルの向上を図ることができます。事業所の支援員によってサポートを受けながら、仕事だけでなくコミュニケーション能力や、仕事と自分の生活のリズムも整えていくことができます。

事業所を選ぶポイント

履歴書

運営元を把握する

事業所を選ぶ際には、運営元の基本情報をしっかり確認しておくことが大切です。就労支援だけでなく、他にも事業を行なっている場合には、仕事の幅も広げられる可能性があり、サポート体制も期待できます。関西地方では特に、大阪や神戸は就労継続支援B型の事業所の数も多くありますので、自分に適した事業所を探すことができます。

仕事内容を確認

就労継続支援B型で行うことができる仕事の内容としては、商品の加工・袋詰めや、パンなどの食品作りなどがあります。また、パソコンでのデータ入力などの仕事ができる事業所がありますが、その場合にはある程度のパソコンスキルを前提としている所もありますので、事前に確認をしておきましょう。

利用者に数

事業を利用している人数がどれくらいなのかを確認しておくことも大切です。利用者が多くて指導員の数と合わないと、フォローが十分に受けられないことがあります。適切な環境で就労するためにも、利用者数と指導員数のバランスがよい事業所を選びましょう。